妊娠はスタート

妊娠したことがわかると、特別事情がある場合を除き、おめでたいことと扱われます。「おめでとう」という人も多いですが、それは間違ってはいませんが、妊娠が判明した段階では、おめでたい「結果」ではなくむしろ「スタート地点」といえます。

最近は不妊症も多いですから、妊娠するまでにも道のりが結構あるといえます。しかし妊娠しても、すぐには安心はできません。妊娠初期は特に流産しやすく、3割程度は流産しているという話もあります。

妊娠したら、それも子供がとてもほしかったりしたら、本人も周りも喜びもひとしおでしょうが、妊婦生活は、なかなか楽なものではありません。初期の流産の危機の時期を乗り越えたとしても、妊娠症状には体調の変化もあるし、精神面の変化もあるし、つわりなんか、ひどい人は起き上がることもできません。

妊娠はスタート。周りの人も妊婦さんを気遣って。新しい命が無事生まれることを祈りたいものですね。

妊娠について

妊娠。ある意味これほど、扱いに違いがある現象はないかもしれません(苦笑)。

妊娠が結婚前だったり、それも学生とか不倫とかだったりしたら、それはもう、妊娠=とんでもないこと!! 悪い知らせ。

他方、結婚したら、周りから「子供はまだか」と妊娠が推奨されます。当たり前といえば当たり前なのかもしれませんけれども、わたしとしては、昔からこの妊娠の扱われ方の違いに、違和感を感じておりました。

妊娠。いずれにせよ、新たな生命が誕生する知らせ。子供は出産されて「誕生する」ものではなく、少なくとも妊娠が確認された時には、既に命ある存在。

妊娠に、これから生まれてくるひとつの命(双子なら二つの命ですが)に、敬意を払い、歓迎してあげたいものですね。