妊娠の初期症状と初診の時期

妊娠の初期症状は人によって様々ですが、多くの場合は、月経予定日後の妊娠4〜5週あたりから自覚症状が出るようです。

妊娠の初期症状の中でも一番わかりやすいのは、何と言っても月経が止まることでしょう。妊娠の心当たりがある人は、月経が遅れた場合は「もしかしたら……」と考えると思います。

妊娠の初期症状と思われるものが見られたら、すぐに妊娠か否かを知りたいところですが、ちょっと待ってください。産婦人科にかかるにしても、妊娠5週を過ぎなければ、多くの場合、はっきりした診断結果が出ません。「また1〜2週間後に来てください」なんて言われてしまったら、診療費がもったいない(泣)。かといって、初診が遅いのも考えもので、異常妊娠の際は、対応が遅れる危険があります。

妊娠の初期症状が見られた際は、結局のところ、月経が遅れてから1〜2週間後に診察を受けるのが最も良いようです。

基礎体温の測り方と妊娠の判別

基礎体温の変化によって、妊娠はもちろん、他の体の不調などもわかるので、特に妊娠を意識しなくても、基礎体温は測り続けたいものです。

基礎体温の測り方は簡単です。まずは「基礎体温計(婦人体温計)」という専用の体温計を用意します(基礎体温はわずか0.3〜0.5℃ほどの範囲で微妙に変化するため)。これを枕元に置いておいて、朝、目覚めたら、動かずにそのまま体温を測ります。これを毎朝繰りかえし、折れ線グラフとして表示します。

基礎体温を測り続けると、高温の時期と低温の時期を繰り返しているのがわかってきます。高温期が3週間以上続いた場合、妊娠の可能性はかなり高いです。特に妊娠を望んでいる場合は、毎朝基礎体温を測るといいでしょう。

妊娠症状と基礎体温の関係

妊娠症状の兆候は体温にも表れます。よって、普段から「基礎体温」を測ることは、妊娠を知る上でも重要なことです。

基礎体温とは絶対安静時の体温を差し、普通は起床時に測定します。その値は人によって異なりますが、個人ごとにほぼ一定した値を示します。卵巣機能の正常な成人女子では、卵胞ホルモン期には低温、黄体ホルモン期には高温となりますが、この両者の間には約1日の最低体温期があり、この時期が排卵期と一致します。

基礎体温は、普段はこのようなサイクルを繰り返しているのですが、妊娠すると、高温期がずっと続きます。基礎体温を測り続けて3週間以上高温期が見られるようでしたら、妊娠の確率が高いので、検査を受けるべきでしょう。

妊娠初期症状

妊娠の初期は、あまりはっきりした自覚症状がなく、本人が気付かないことも多いものです。しかし、妊娠の心当たりのある方は、よく気を付けていると、体の変化から「妊娠したのでは」と感じることもできます。


妊娠初期症状は、人によって若干の違いはありますが、万人に共通して言えることは、

・月経が止まる

・排卵後、20日以上、基礎体温が上昇したままである

・胸が張ったり乳首が敏感になったりする

といったところでしょうか。

妊娠初期症状は、ほかにも様々あります。妊娠初期症状と思われるものが複数見られる場合は、最寄の産婦人科で受診するといいでしょう。